FC2ブログ

平成最後のパピプペポ

あけおめ
ことよろ

今年の目標は
□80キロまで痩せること(現在103キロ)
□読書120冊
□相場で儲けを出すこと
の3点です




やっぱりTwitter面白いですね
先日こんなツイートが回ってきましたので、いいねの上RTしました




さてこのZOZOの田端さんの意見「どんなに仕事がつらくても、誰にでも出来る仕事であれば給料は上がらない」という趣旨の発言は別の人が同様の趣旨の発言で前にも炎上しましたね
ホリエモンの「保育士は誰でもできるから給料あがんない」ってやつですね

これで「誰にもできる」ことに対して憤りを感じた方々が続々RTされました
しかし何か違う気がすると・・・と思っていたわけですが、
結論からいうとZOZO田端氏を批判してるやつはクソってことなんですが、そう思う要因は次の通りです

1.「誰でも」というのが書き手と読み手で解釈が異なる
2.1に起因して、書き手は労働者を馬鹿にしていないのに、読み手は労働者を馬鹿にした発言と間違った解釈に落ち着いた

ということなのですが、Twitterみたいに140文字しか発言できないとないと、誤読を避けようとするとどうしても文が冗長になり、140文字をオーバーしてしまうということもありますから・・・




ということで元々の要因はここ!というのが1.「誰でも」というのが書き手と読み手で解釈が異なる
というところなのかなと思います
そもそも、誰でもできるなんてのははなから書き手は思ってないわけですよ。重役なんだし。
もし誰でもできるって思ってる人なら面接なんかしないでしょ

なんかこれで終わったきがするけどもうちょっと
誰でもっていうのはじゃあ誰のことなのかってなりますが、
それは「誰でも」という意味ではなく、「代わりを務められる人材が実質無限にいますよ」ってことで
これをツイートに書いちゃうとかなり文字数埋まっちゃうから、誤読のリスクと取引して「誰でも」としたんだろうなと

代わりを務められる人が実質無限にいるというのは、つまり需要に対して供給量がありすぎて、価格競争が起こりやすく安値で買いたたかれやすい人材っていうことにほかなりません。
つまりこれは資本主義の仕組みを言ってるだけなんです

誰でもというから、
「交通警備の人が毎日大変で、自分は到底できないなあ、こいつ嘘言ってる」
とか
「警備員とか無理じゃ~ようやるで~誰でもとかwwはい論破wwww」
とか
「保育士なんかこども嫌いな僕にはむりだ~誰でもなんて嘘やん」
なんていってるのは「すごく幼稚な揚げ足取りをしているだけ」だと思います



そして2.1に起因して、書き手は労働者を馬鹿にしていないのに、読み手は労働者を馬鹿にした発言と間違った解釈に落ち着いた
というのにつながるんですが、
資本主義の原則の話をしているのにそれに気づけず、よほど憤りを覚えたのか労働者を馬鹿にしたっていってるんですが、よっぽど普段から抑圧されてるのかなって

そもそも経営者が末端労働者を馬鹿にするわけないんですよ。労働者いなかったら経営者は自分が働くしかなくなるから経営者の仕事できないんですよ。
自分一人でも回せる事業なら別にどうってことないんですが、そうじゃないなら死活問題です
だから真っ当な経営者は労働者を敵に回さないし、馬鹿にはしませんよ
むしろ本心では思ってなくても上げてくるくらいだと思います。だって他の会社行かれたりやめられたらその穴どうやって埋めるのって話ですよ

また、資本主義の本質という点からみると、「供給量が多い労働者は安く買いたたかれる」ということですが、安く買いたたかれてるばっかりだと勘違いして自分たち労働者が被害者みたいにふるまってるのはいささか反吐が出ます
だって同じ商品がスーパーで売られてて、普通安い方から買うでしょ?
これは商品を安く買いたたいてるということですが、
では商品は誰が作って誰が流通させてるのでしょうか
メーカー運送小売り、といろんな会社がかかわっています。この会社から消費者は無意識的に安く買いたたいているのです。

自分はやっていいけど相手はやっちゃだめなんて
ありえませんよね?



だからこのツイートはクソだし共感するやつもちょっと考えなおしたほうがいいってことです。
このおかしさに気づけないというのは、画一化した人材を育て企業に入り、経営層にたてつくような牙をとことん削ってきた日本の教育の成功だといえると思います
こんな「模範解答」みたいな論調がまかり通ってしまうことに対し嫌悪感を感じますし、
反論の余地があって楽しいです
これだからTwitterはやめられねえな!!!!!!!!!!!!!!






ということで、新年早々こんな記事ですが
今年も合理的に、反論は妥当性を吟味し素直に受け入れる謙虚さを持ち
平成最後の年、送りたいと思います。

それでは

コメント

Secret