立春

おは
次の更新はmaimaiレート13に乗った時か
全国100位に乗ったときかと思いましたが。
そうでもないみたい。



-------------------------------


岡山maimaiでは今6位前後をうろついてます。
今の課題は16分乱打が叩けない
というか手が思ったところに動いてくれない
これで落とすことがあります。
16部乱打はBPM140くらいならまだなんとかなるけど
150越えたあたりから
とくに左始動でしたの方のボタンになると叩けないです。
これがなくなればだいたいSS狙えると思うのですが
どうもなんとかならない
しんどい


-------------------------------------------



さて本編です。
maimaiしてたらいろんな人いるんで

11月くらいに仲良くなった同じ大学の女の子がいて
学部は違えど結構話が合うんでいろいろ話してたり
maimaiもまあ結構するし
期待の廃人レベルとまではいかないけど岡山では相当やってる方
実家から通いできてるのに、大学近くのゲーセンいったら結構いるし
主にゲーセンで会ってゲーセンで別れてってかんじだったんですが

12月くらいにあまりにうち汚いってツイッターでえツイートしたんですよ。
前一回部屋掃除の機会逃してますから
そろそろ掃除しとかんとなって思ったんで。

そしたらその同じ大学の子が来てくれるっていうじゃないですか
でもどっちかっていうとその子よりも
前掃除してやんよって言ってくれてた子といい加減なんとか仲直りしたかったんで
濁して後回しにしようとしたんですよ
それでその仲直りしたいこがなんとかしてくれるまで
待とうと考えたのです。

そのまま何もなく時は過ぎ
~1月28日~
テスト期間も近づき
僕自身も過去問収集はじめたくらい。

いつものように17時過ぎにゲーセンにいくと
同じ大学の子がいて
挨拶して
maimaiして
何回かしてたら彼女が
「明日テストだから、勉強しないといけなくて。いつものやつの部屋にはなんか友達多いみたいだし。部屋かしてくれん?」
と聞いてきたのですが、僕の部屋はものすごく汚く、正直やばいのでためらいましたが、
それ以外に断る理由もないので、渋々かすことにしました。
鍵を渡して先にいっときーと言って部屋番号を教えて、部屋にあるものもだいたい使っていいよーと伝えました。
ものすごく汚いと思うからがんばってなーってことも言いました。だいたい19時頃です。
彼女はすぐに僕の部屋へ向かって、
僕は相変わらずmaimaiしてました。

しばらくするとLINEが飛んできて、彼女から
「きたない」
とだけ
その直後
maimai岡山県1や、その他いつもの連中が来て
だらだら喋ってたら
そいつが22時からバイトだというので、
バイト先まで行って、近くのmaimai見て帰ろうってなって

そいつとバイト先までいって近くのmaimaiみてきたんですけど誰もいなくて
あんまり面白くないんで、
23時になったら帰ろうと思い、
今僕の部屋で勉強しているあいつもちょうど帰るくらいだろうから
帰って送っていけばいいかーと思い
23時にそこのゲームセンターを出ました。

呼び鈴を押して入れてもらい、部屋に入りましたが、
なんということでしょう。
そこにはとても綺麗な空間が広がっているではないですか。
テストあるのになんしょん
ってきいたら
「流石に我慢できんかったわ」って

それでも勉強してたみたいで、
ひと安心です。

僕はコートを着たまままだ片付けきれてない机に座ります。
俺も勉強せんとなーといいながら。

しばらく雑談が続きます。
時間かかったろ、とか
めっちゃきたなかったろ、とか
今なにやってるん、とか
そろそろ帰んないの、とか

「今日帰らん」って言われた。

時刻は24時
そう24時
だけど僕は
意外と冷静だった。
なんとなく帰らないことは、
雰囲気から察しがついていたし
すぐに「あそうなん」って返してた。

そりゃそうやで
だってこいつ
彼氏おるんや

ちょうど1週間前彼氏連れてきたし
ボディガードみたいでめっちゃこわかったし
頻繁にラブラブアピールされるし
だけど遠距離で会えなくて寂しいとか聞くし
maimai始めたのもその彼氏が格ゲーマーで、彼女でもできそうなゲームということでmaimai始めた、ということも聞いていたし

かたや僕は県ランク6位前後で
使用金額はすでに神戸福原のソープ17回分くらいを超えており、
1回3プレイとすると50プレイを超えるほどつぎ込んでおり
まともに話ができる連中があんまりいないmaimaiで、
僕の地位は結構確固たるものになってきていて、
もしここで彼女と一戦交えたとして
失うものは・・・と考えるとものすごくでかい
それはきっと彼女の彼氏のアレよりもでかいだろう。

と思ったので賢者になりました。いえ、もともと賢者みたいなツイートとかして賢者アピールしているので、きっと自然だったと思います。
正直彼氏がいなかったところで
そんなにすぐ手を出すやつってレッテルを貼られたくないので、どちらにせよ賢者になっていたのかと思います。

彼女は勉強を続けます。
どうやら話を聞いていると
・明日は1限からテストがある
・いつもは1限に間に合うためには、朝の6時半に起きなければならない
・明日テストだけど寝たら忘れる
・いろいろ厳しいから一夜漬けして行くしかない
とのこと
納得して、僕もそれなら邪魔してはまずいと勉強を始めます。
BGMはDADDY MULK
アーケードゲーム音楽史があれば必ず挙がるであろう名曲中の名曲です。
それではどうぞ。





10分くらいしてです。
勉強そっちのけでBGMにノリノリになってた僕に後ろから彼女の指が
つんつんされます
ほしたら振り返ります
どうやらベクトルがわからんみたいだから
教えます。
理解してくれます。
僕の「理解しているものに対する」説明は結構いいと定評があります。
やったぜ!

しばらくして僕が折れます。
こんな勉強やってられっかって。練習問題がむずすぎてやってられなかったです。
明日演習本買いに行くかかりにいくかせんとなって
話して
明日のことも話します
8時になったら学校いくけど
起こそうかって

起きれたらいっしょにいこうでっていって
僕は寝る準備に入ります。
着替え持って
シャワー浴びて
ヒゲ剃って
全部終わって布団へゴー!!
1時半でした。

彼女は相変わらず勉強を続けていました。
しかも結構集中できてる様子。
邪魔するわけには行かないと
布団に入り

そしてやるのはただひとつ。
最近ハマってる「インフレーションRPG」
限られた戦闘回数でどれだけ高いレベルにできるかという
いわばレベルアタックRPGです。
これがくっそ楽しい
やばい
前の日朝6時までやってた

しばらくやってると
勉強している彼女からLINEが
「お菓子を持てい」
って
意味がわからん

そのままインフレーションRPGを続け
ひとしきりしたところで聞きます
どしたん?お菓子欲しいん?うちにはないで
って。
買いに行ったら絶対眠くなるで、って
そういったらバッグの中からゲーセンで取ったスナック菓子を取り出し
「これあるんだなーって」
ならええやん!!
おやすみ
そういって僕は
ねました。



第一部-完-



-----------------------------------


1月29日
朝8時
彼女が起きて学校いくよーって
声が聞こえた気がしますが
聞こえなかったかもしれません。
その日いっつもは夢を見るのに、見なかったです。

2度寝して10時すぎ
ピンポンなったけど出なかったです多分NHK
そしたら彼女が部屋に
どうやら降りてくる人がいたのでついでに入ったもよう
オートロックですから

帰ってくるんかい
とか言いながら
ちょっとはなしましたが、どうやら本格的に部屋掃除したいよう。
眠いのに大丈夫なのかなとか思ってましたけど
なんか目が冴えてとかいいながら勝手に部屋の掃除されるんで、
なんかもうしわけなくなって手伝うように。

それで部屋が
それはそれは見違えるほど綺麗になり
最後に布団ほそうぜっていって
布団だけ干して
お昼ご飯に行きました。
ニコニコキッチンさんさんというところです。
850えんでクソうまいランチ
やばいです。
大阪のおほもだち連れて行ったときも、あそこうまいといっていたので
多分間違いないとおもいました。
案の定うまかったらしくて
よろこんでくれました。

それから部屋まで帰って
一緒に布団はたきまくって
それははたからみたら仲睦まじいカップルにしか見えなかったのかもしれません。
でもこいつには
彼氏がいるのですッッッ!!
それでもまだ、やっぱり期末試験うまくいってよかったなーという思いが強かったです。
おっぱいももうとか
いっぱつやらせろとか
そんな感情は毛頭ないといっては嘘になりますが、
いっつも誰にでもこういう距離感のやつなんだろうなと思っていましたから
それはそれで納得がいったといえばそうなのかも

一つ引っかかるのが
ランチ食べたあとに家に戻るときに
このあと家に戻ってなんとかって言ってたんですが
ほんとに聞こえなくて
何回か聞き返したんですが
普段なら2回聞き返せば言ってくれるんですが
3回聞き返してもいってくれなかったんで
こいつなにかんがえてるんだろうなって

布団干して
土埃半端ない毛布をはたきまくって
一通り終わったんで、ゲーセン行こうぜってなって
ゲーセンにチャリで行きました
着く直前くらいに、記憶があやふやなのですが、
「彼女できないねー」って言われたと思います。
うっせえっていいかえしたら、一拍置いて
「童貞かよ」
って結構笑顔で言われました。
「それは言わない約束やああああああ」

15時すぎ
そろそろ夕日かなって時間帯のことでした。




第二部-完-




-------------------------------------



それからの彼女は別によそよそしくもなく、
普通にゲーセンでmaimaiしてて
やっぱり眠いらしくたまにうたた寝する素振りを見せていました。

後輩から飯の誘いがあったので
焼肉一昨日いったし今日ニコニコいってきたから
それ以外でよろしくっていったら
ほとんどどこもいくとこねーじゃねーか!!ってなったので、
学科の仲いいやつ誘って
後輩とのみに行きました。
店員さんかわいかったです付き合ってください。

先ほど「童貞かよ」
といわれてやっと事の重大さに確信した僕ですが
とりあえず相手には彼氏がいますし
今後一体どうするべきか、先人である彼女持ちの後輩や学科のお友達に一部始終を話し、
意見交換をしました。
この話で延々4時間話してました。

いろいろ話はありましたが、
彼女についての評価は
僕「そんなタイプじゃ・・・ええ子やけど彼氏おるし・・・」
後輩「4Vはある。なんなん。先輩よく理性抑えたな。」
ホモだち「あんまみて・・・ない・・・けど全然ええんじゃね・・・」
と概ね自分以外はものすごく高評価で

いろいろ話をしていくうちに
かなり誘っていたという場面が明らかになりました。
・泊まることは伝えられてないということ
・実は前にかわいいようせいみたいな女の子がゲーセンにいたので、彼女にあの子かわいくね?っていったら、「でも彼氏が残念だわ、あれならあなたの方がいい」って言われたこと
・ベクトルのところで聞きに来る
・女の子にとって1日風呂を欠かすことは相当なことということ
・寝てたらお菓子買いに行こうと誘う→コンビニ行こう→ゴム売ってる
・童貞かよ発言でロン
だいたい10役くらいあると思います。

ただプラス要素にだけ目を向けると10役ほどですが
・遠距離だけど彼氏の存在 -5役
・ほかの男のうちにも掃除しにいってる(泊まったかどうかは不明) -3役
・僕のmaimaiでの地位が揺らぐ -3役

くらいあってどうにも
ほかにもよくよく考えると
それっぽい言動はあったのですが、希望的観測である可能性は否めません。あんまり自覚できません、ほんとに童貞なんで。
でも合鍵あるよーっていったら合鍵くれーっていって
持って帰っていったので
いつうち着てもおかしくないんですよこわい
今こんな記事書いてるとこ見られたらマジ怖い
リアル今さっき怖くて後ろチラ見しましたもん

今後ですが
金曜日、明日ですね、それかあさって土曜日
キッチン周りの掃除が終わってないから来るそうです。
できればキッチン周りもやっといて欲しいとかいわれてるんで、
気が向いたらやりますけど

もうわけわからん
正直しんどいです
彼氏結婚相手としては申し分ないし、
33でオッサンだけど優しいみたい。
結構かっこいいし
なんでしょう
キープくんだとしたら非常に腹立たしい
そうじゃなくてもさみしいから相手して欲しいとかでも
ものすごく辛いです。
もしそうだとして手を出してしまったら
岡山maimaiでの地位もうしないかねないし
僕としてもつらいだけだし
何もいいことないです。

真剣に話ができる子なので
ちゃんと機会があれば話てみたいと思います。


第三部-完-




-----------------------------------




唐突であれですけど
一応ノンフィクションです
世の中の不自由してないやつらにとっては普通のことなのでしょうが
僕にとっては初めてのことだったので

でも多分もしかしたら
いっつも僕が
タイプは巨乳でおめめぱっちりでようせいみたいな子で森ガール似合う子がいいーとかって
言いまくってるので
もしかしたら相手も不安なのかも
今の彼氏
ニコ生のオフ会で知り合ったらしいので
よくわからんっす

あーバイトっす
これからバイトなんで
店長にしごかれてくるっす
マジで欝

















~編集後記~
バイトしんどい